「 病院 」一覧

痛風発作とよく似た症状

痛風とは体の中に尿酸がたまってそれが結晶となって関節の痛みを伴う病気です。

この病気の怖いところは節々が痛み出すだけではなく腎臓機能などにも害を及ぼします。痛風になると足の指の付け根などが突然痛み出して赤く腫れあがります。耐え難いほどの強烈な痛みでこうした場合は痛風発作と言われ、一週間から10日ほどで症状も収まります。

 

非常に怖い病気ですが、現在では医療技術も進歩しており発症し始めの痛風ならば病院で治療が可能です。

 

痛風とよく似た症状に外反母趾がありますが、これは足の付け根の関節から先の骨が外側に曲がっている状態です。

 

親指の付け根が内側に突き出しています。この状態でも少し痛いのですが、さらに症状が進行して炎症が起きるとひどい痛みを引き起こします。

付近に存在する袋状の組織が赤く腫れるとひどい痛みを引き起こします。

 

これにより痛風発作と似た症状が起こります。また別名ヒト食いバクテリアとも呼ばれる溶血性連鎖球菌感染による壊死性筋膜炎は痛風発作よりも症状の進行がはやく体のどこにでも表れます。

一刻を争う病気なのですぐに治療しないと大変危険です。

救急車を呼んで対応してもらってください。急速に組織を破壊していく病気なので一刻も早い対応が求まれる病気です。

痛風は合併症も多く高血圧肥満尿路結石など合併症も非常に多いのが特徴です。

痛風血症を発症した際には、すぐにでも病院での治療や、健康サプリメントの処方、生活習慣の見直しを検討されることをお勧めいたします。

 


スポンサーリンク