「 原因 」一覧

痛風とは?

痛風とは、体内の尿酸が増えていき、足の親指などの関節などに結晶化してたまることで発症する病気です。

痛風が発症する直前によくみなさんが感じる症状は、「靴の中に石がはいったかな?」と違和感を感じ、一度靴を脱いで確認するようなことが度々起こるようになる、とよく言われています。

実際に私も痛風にかかる2日前頃に、ちょうど新しい靴に買い変えたばかりで、足の親指の外側あたりにだんだんと痛みを感じ始めていましたが、完全に靴擦れをしているだけだと思い込み、病院に行く頃には3日が経過していて赤く腫れ上がり、歩くのもままならない状態になっていました。

痛風のおもな症状は関節にたまった尿酸結晶の一部が欠けて分散し、それに白血球が攻撃反応を起こすことで、炎症が発生し、とても強い痛みを伴う「痛風発作」が起こります。

とくに血液検査の結果、尿酸値が7mg/dLを超える高尿酸血症と診断された人は、注意が必要です。

尿酸値が高いまま放置してしまうと、今度は尿酸の結晶が腎臓内にたまり、腎臓の機能が低下する可能性が高まり、その結果、尿路結石や動脈硬化、高血圧などの生活習慣病をも引き起こす恐れが出てきます。

痛風発作が起こったことがなくても、健康診断の際に尿酸値が高いと診断された方は、非常に危険な状態ですので、すぐに医師への相談をされることをお勧めいたします。

 


NHKのテレビ番組「チョイス」に痛風が取り上げられていました

先日、ふとテレビを見ていると、NHKの健康情報番組「チョイス」に痛風が取り上げられていました。

30代から要注意!痛風の新常識

「30代から要注意!痛風の新常識」というタイトルで、痛風本来の怖さや恐ろしさを伝える番組構成になっていました。

たいへんわかりやすかったので、このページで一部抜粋してご紹介させていただきます。

「チョイス」番組サイト:http://www.nhk.or.jp/kenko/choice/archives/2017/07/0722.html

まず最初に驚いたのが、今現在日本で痛風発作が起きたことのある人はおよそ100万人にものぼり、しかも尿酸値が高い痛風予備群まで入れるとなんと1000万人の人たちが痛風発祥の可能性を秘めているという数字に大変驚かされました!

 

尿酸血症の実際の画像

次に痛風発症のイメージですが、

先ほど述べたように、親指の関節にたまった尿酸結晶(青い部分)が砕け始め、それに反応した白血球の活動によって炎症と痛みが発生し始めます。

今回初めて尿酸結晶の実際の写真も見ることができました。

よくみなさんが誤解されているのは、このトゲトゲした結晶の破片が刺さって痛みを感じている、と勘違いされている方が多くいらっしゃいますが、実際はこの尿酸結晶の断片に対して反応する白血球の活動による炎症が痛風の痛みの原因となります。

尿酸値は女性より男性のほうが高い

一般的に、尿酸値は女性より男性のほうが高いと言われています。

その理由は、女性ホルモンによって尿酸が分解され増加しにくい傾向があるためだとのこと。

なので、痛風を発症している9割は男性に起こっています。

 

20代~30代で痛風が発症することもある

一般的に、痛風は中年男性に多い病気だ、といわれる傾向がありますが、実際痛風を発症している年齢は幅広く、20代~30代の男性においても痛風発祥の事例は多く存在します。

※そんな私も、30代前半で、痛風を発症いたしました。。!!


痛風の薬(フェブリク)の服用をはやくやめたい

痛風の薬を服用しはじめて早3か月、最近では全く足の指の痛みも取れ、まったく通常の健康状態で私自身も日々生活を送っています。

そんななかで毎日痛風の薬(フェブリク)を飲み続けるというのは、なかなか難しいものです。

「チョイス」の番組中でも、一度痛風発作が起きた人は、基本薬を飲み続けることが重要である。と念押しされていました。(少なくとも2~3年)

それは、次の章で述べている「痛風の隠れた危険性」に理由がありました。。


痛風の隠れた危険性

痛風は、尿酸結晶によって親指の関節などの痛みを伴うだけではなく、実は腎臓内にも同時に尿酸がたまり続けており、腎臓機能の低下を引き起こす慢性腎臓病という恐ろしい病気を引き起こす可能性を持っています。。

腎臓機能は一度低下すると、取り戻すことはできず人工透析などの処置が未来永劫必要となる恐ろしい病気です。

尿酸値が高い間、常にこの危険性にさらされているということを理解し、日々の食生活や生活習慣の改善を試みる必要があります。

先生もおっしゃられている:

1. 痛風を治して慢性腎臓病などの悪化を食い止める!

2. 痛風をきっかけに生活習慣の見直しを!

この2つに尽きるかと思います。

逆にこのタイミングで知っておいて本当にラッキーだったと思うぐらいの意識が重要かと思います。

そんな痛風の悪化を食い止めるためにはある程度の期間薬を服用する必要があります。

次の章で「痛風のサプリランキング」を掲載していますので、ぜひご利用ください。


スポンサーリンク