痛風の隠れた危険性

痛風は、尿酸結晶によって親指の関節などの痛みを伴うだけではなく、実は腎臓内にも同時に尿酸がたまり続けており、腎臓機能の低下を引き起こす慢性腎臓病という恐ろしい病気を引き起こす可能性を持っています。。

腎臓機能は一度低下すると、取り戻すことはできず人工透析などの処置が未来永劫必要となる恐ろしい病気です。

尿酸値が高い間、常にこの危険性にさらされているということを理解し、日々の食生活や生活習慣の改善を試みる必要があります。

先生もおっしゃられている:

1. 痛風を治して慢性腎臓病などの悪化を食い止める!

2. 痛風をきっかけに生活習慣の見直しを!

この2つに尽きるかと思います。

逆にこのタイミングで知っておいて本当にラッキーだったと思うぐらいの意識が重要かと思います。

そんな痛風の悪化を食い止めるためにはある程度の期間薬を服用する必要があります。

次の章で「痛風のサプリランキング」を掲載していますので、ぜひご利用ください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする